仕事の生産性を上げる2つのポイント

そのような人にとってもドイツ流の「量的な削減をしながら日々の働き方にメリハリをつける先送り」の考え方はヒントになるはずです。

やはり、「しない仕組み」を徹底してつくるのがドイツなのです。

「頑張って」先延ばしするために、

(1)「今日決めて、明日作業する」感覚

(2)毎日、「3つだけやるリスト」を作る

参考 「仕事を先延ばしするスキル」が人生に必要だ | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準