Java 例外処理

Java学習中。
例外処理について学んだので調べたもの記載。

例外処理

【Java初心者向け】throwとthrowsの違いとその使い方

Javaの道:例外(3.throws、throw)

Javaの道:例外(1.はじめての例外)

以下はJavaで例外処理を行う上で使用するキーワードです。

「例外をスローする」
    Javaではエラーが発生した際、例外オブジェクトというエラー情報を保有したオブジェクトを生成し、そのオブジェクトをJava実行システムに渡します。この処理を「例外をスローする」と言います。
「例外ハンドラ」
    エラーメールを送信する、エラーログを生成するなどの例外処理が記述された部分を「例外ハンドラ」と言います。
「例外をキャッチする」
    Java実行システムが例外ハンドラを見つけることを 「例外をキャッチする」と言います。

【納得Java】try-catch文のthrowとthrowsの使い分け | 侍エンジニア塾ブログ | プログラミング入門者向け学習情報サイト

【Java入門】try-catch文で例外処理をする方法総まとめ(Exception) | 侍エンジニア塾ブログ | プログラミング入門者向け学習情報サイト